2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2011.08/18 (Thu)

イチガタ診察日・その5(2011・8月12日)

皆さん。こにゃにゃちは!


え!?ホンジツは

「記録的猛暑」ですと!?

ひょえーーーっ!!(゜ロ゜;ノ)ノ

熱中症に 要注意だね!

ちびも 水分とって注意するね!

皆も 気をつけてね!

無理しちゃダメだよういんく おめめ はーと

イチガタ診察日記録・・

色々な想いや

診察してもらうと

何時も思う事 考える事など

色々と 織り交ぜながら

書いてるので 長文続きです(^^;)

長文苦手な方は スルーしてね。(笑)








-----つづき-----


何時も父は

ちびに沢山の事を教えてくれる。

イチガタと言う

病気の事ももちろん

それ以外のね

「人と人との繋がり」の大切さ。

One up mate(イチガタ患者会)を

紹介してくれたのも そう。

父が以前 ちびに言った。

>一人一人患者さんは違う。
だから僕は
じっくり話を聞くんだ。

・・ってね。

ちびも そうやって

1患者として

色々な事を素直に話したり

悩み(イチガタの)を打ち明けてきた。

それを 父は聞いてくれて

ちびに合っている「方法」を

提示してきてくれたよ。

One up mateも その1つだね。



分刻みのスケジュールの中

少しでも時間が作れれば

短い時間でも

One up mateの行事に来てくれて

会に参加して下さった

仲間の皆さんの お話や

疑問に答えたりしてくれるし

沢山話して 沢山笑って

「仕事として」の主治医とは

また違う「顔」も見せてくれる。

父という ひとりの人間が

「どんな人なのか?」

ちびはそれを「知る」事が出来て

接してきて解ったんだよ。


(年上の方に)失礼だけれど

とても心が柔らかくて

凄く楽しい方。

医療の事以外でも博学で

好奇心旺盛でね(笑)

ちびみたいな

年の離れた「娘」とも

年の差を感じさせない会話をする

凄く 不思議な方。

そして とても

笑顔の可愛いチャーミングな方。

仕事の時のバシッ!!と

引き締まって 決まってて

キリリとしてる

カッコイイ時も知ってるだけに(笑)

時々 ビックリさせられる程

おちゃめな時がある(笑)moblog_77a60237.gif

そんな方。

そんな「仕事モード」以外の

「楽しい父」も ちびは知ってるので

そんな全てを ひっくるめて

ちびは 父という「人間」を

心から尊敬している。

そんな「主治医」としても

一人の「人間」としても

沢山の事を教えてくれる

大尊敬な 父という人間が

ちびは 大好きなのです。

この「ちび的・尊敬心」は

きっと 娘(患者ちび)にしか

解らないなのかもしれないな・・。



心の交流。

心の繋がり。

心の絆。




長年 交流して来て作られた

主治医と患者の

「人と人としての繋がり」

同じ「事」を解決しようと

一緒に考えたり 悩んだり

上手く行けば 二人で

スゲーーー!!って

ほーーーんとに無邪気に

二人で 大喜びしたりねかわちちまさみ うれしい きゃ はーと(笑)

BBQやキャンプに

父が 超~~~多忙な中なのに

少しでも来てくれたら

ちびは 大喜びなのよまさみ うれしい きゃ きゃっきゃ

まさみ わい わーい うれしい きらきら>うきゃーーー!!
父来た~~~

つーて んもう。

父にベッタリ へばりつきまさみ うれしい きゃ きゃっきゃ(笑)

父にとったらウザいだろうけどmoblog_ca678b3f.gif

つーね。にゃはは(爆)

だーーーって 父は超~多忙で

なかなか 行事にも

参加する時間もないからねしょぼん とほほ

だから 行事に来てくれた時は

>捕まえたっっっ!
離さないわよっっっ!
たーくさん お話するんだからねっ!
(「・ω・)「 がおーーーっ!!

くらいな勢いなのよまさみ いひ いひひ わらmoblog_befad698.gif





イチガタになって

父に出会ってから今も

父と交流しながら

色々な事を学ばせて頂いて

ちび自身の視野や

昔からの 頑固な良くない面も

弱過ぎる面も

この歳になってもね

少しづつ 変化してこれてる。

あ。父は優しいだけぢゃないのよ(笑)

しかられる時も

もちろん あんのよ。ちび(笑)

でも それも 勉強になっているの。

だからこそ 信頼しているの。

だからこそ 自分を見つめ直して

反省して 変化してこれてると思う。

昔のままの ちびだったら

「聞く耳」もたなかったと思う。

自分勝手な考えだけ押し付けて

頑として 自分を曲げない

「柔軟性のない」

つまらない人間だったから。

でも 父が教えてくれた

「人と人との繋がり」の大切さ。

それを実践しようと

努力してきたからこそ

素敵な医療者の皆さんにも出会えた。

今 ちびに関わって下さってる

素敵な仲間にも出会えた。

その素敵な出会いでも 更に

ちびの心は「柔軟性」を

与えてもらえたと思ってる。

父と話をするとね。

何時も その事に感謝をするの。

「父 ありがとう」って

何時も 心で思うんだよ。


-----つづく-----
P.S 続いてばっかでゴメンね(苦笑)
独り言なので 長文苦手な方は
スルーしてね[emoji:i-201
----------------------------
ポチッ♪と
して頂けたら嬉しいな♪
(ノω`*)ノ"フフフッ..
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
----------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : IDDM - ジャンル : 心と身体

タグ : IDDM 1型糖尿病 CSII インスリンポンプ インスリン

EDIT  |  10:39 |  父と娘(主治医と患者の二人三脚)  | トラックバック(0)  | コメント(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |