FC2ブログ
2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2007.09/30 (Sun)

**カーボカウンティング(1*色々な話と簡単実験方法の話**

カーボカウンティングは難しい?

もうひとつの方の ワタシのBlogには

ずいぶん前に書いた カーボカウンティングの記事が載せてあります。

そちらのBlogは 今はもう更新はせずに

もっぱらコチラの*fc2*さんのBlogにお世話になっていますので

もう一つの方に載せてあるカーボカウンティングについての記事を

時間がある時に 徐々にコチラへ移そうと思っています



今月14日 1型の検診日でした。

待ち合い室で 名前を呼ばれるのを待っていると

アタシの信頼する最強ナースの Mさんが来て

>カーボカウンティングについて話しを聞きたいって方が居るの
Iさん(アタシ)に会って頂きたいんだけどいい?


と言って頂き >あいよ~

っと 最強ナースMさんと歩いて行くと・・・

そこに待っていらっしゃったのは

ベビーカーを持った スラッ・・としたスタイルの素敵なママさん

その周りを飛び跳ねる様に 元気に遊んでいる小さな可愛い男の子

歩いて向かいながら

ママさんが1型さんで カーボカウントに興味があるのかな?

・・・っと思ったのですが 最強ナースMさんが

>あの男の子が 小児糖尿病の子なのよ

っと聞いて 一瞬立ち止まってしまいました・・

ピョンピョンっと飛び跳ね 走り回り ママさんを困らせる元気さです!

でも 目を凝らして よーーーーーーーくみると

男の子の お腹の当たり・・走り回ったり飛び跳ねたりすると

Tシャツの中で 何かが動いてる。

>ポンプ使ってるの???

最強ナースMさん>そう!ミニメドのポンプ使ってるんだよぉ~


あらっ!最近ポンプに興味のあるアタシは

お話を聞けるチャンスを与えて下さった 最強ナースMさんに感謝です

さっそく 美人のママさんに 御挨拶をして

小さな可愛い男の子にも ごあいさつ

ちゃーんと お名前を教えてくれて ニコニコして愛嬌タップリの元気な子

>ポンプ見せて~~~!

って言ったら

>うんいいよ

って 元気に見せてくれてました


そして ママさんとお話し・・

男の子が 小児糖尿病を発症した時期が アタシより何か月か遅いだけなのが解り

アタシに小さな可愛い 病歴同級生が出来ました

息子さんの為にも カーボカウンティングを勉強したい!!

でも 難しそうで・・・

そう言っているのを聞いて 涙が出そうでした。

愛する息子さんの事を考えて 色々な事を調べて

カーボカウントと言う方法を知って

息子の為に出来る事は どんな事でも勉強したい!!

そんな 母としての気持ちが

子供の居ないアタシだけど とてもとても伝わりました

ウチは なかなか子供が出来ないけれど 子供が大好きですし

同じ女性ですから こんなアタシにも(笑)母性本能はある...ハズ...デス。

だから 息子を思う母の気持ちが とても伝わってきました。


でも 小児糖尿病の *可愛いお友達*のママさん・パパさん方は

我が子の事を日々想い 泣き・笑い・苦悩し 沢山の経験をしながら

お子様の食べ物・飲みもの・間食などの

インシュリン量を掴むまでに至っている事を考ると 心底感心してしまいます。

小さな可愛い病歴同級生のママさんも

男の子が 小さなパック牛乳をゴクゴク~*っと飲んだ後

インシュリンを追加してました。

それを見て

私>見てインシュリン量を判断出来るんだから凄いよね!!

ママ>いや~~~今までやってきた「感」だよぉぉぉぉぉぉぉ(爆)

ナース・私>その「感」に勝るものはないよぉぉぉぉぉぉぉ!凄いよ!

っと思わず感動して 言ってしまったくらいです

ママさん・パパさん方の

実績からくる『感』に 勝るものはない!

自身がインシュリンを投与しなければならない身体のワタシでさえ

自身の管理を上手に出来ない時があるというのにねっ

ところで..

ママさんに カーボカウントの話をしたのは良いのですが

その 小さな可愛い病歴同級生は

幼稚園に入る前の 小さなお友達なので

小さな子にカーボカウントが適しているのかが解らず

家に帰って調べてみました。

最近の 小児糖尿病のサマーキャンプでは 参加中の子供達に

カーボカウントの勉強と 実践をしているキャンプもある様ですね。

それを考えたら

今はまだ小さくて カーボカウントの実践を出来ないとしても

これから どんどんと成長をしていきますし

成長期や成長に伴い 食事量もインシュリン量も変化していくでしょうから

それを考えて 今から 計算方法を勉強しておいても

まったく無駄にはならないのではないかと思いました。

これから 大きくなってきて 食欲が旺盛になったり

間食が増えたり 食前インシュリン量を上回る量を食べて

食後の値~ちゃん(血糖値)が 思いのほか高くなってしまった時なんかでも

カーボカウンティングと共にスライディングスケールも解っていれば

とても便利なアイテムの様に

いざ!!って時には 大助かり!!なんて

なるのではないかな~なんて 私は思います。

便利な アイテムを使って 上手にコントロールをして

育ち盛りには 沢山食べて!沢山遊んで!

病気の事を忘れちゃう元気さで!たまには勉強も頑張って(笑)

スクスクと成長してもらいたい。

それが 同じ1型おバサンの 願いなのです★


そこで...

カーボカウンティングは本当に難かしいのでしょうか?

ワタシの答えはNO!!です。

確かに 文章だけで見て

日本ではまだメジャーではないアメリカ方式とか

1800ルール・500ルールで計算とか

スライディングスケールとか

私も 1型になって 教育入院終了後 カーボカウンティングと言う方法を知り

沢山の カウンティングを教えて下さってるサイトを巡りまくり

とても解りやすく説明して書いて下さっているにもかかわらず

アタシの理解力のなさ

まったく未知の世界の言葉に 頭がチンプンカンプン

頭フル回転させすぎて 低血糖になったり(笑)

でも 何度も何度も何度も..何日も何日も何日も

なんせ負けないで 読み続けました。暗記する程(爆)

学生の時に この根性があったら

アタシはきっと とても優秀な子になっていたかもね??(笑)


それはさて置き...

ワタシの性格上 解らない言葉など 細かく調べないと気が済まない性格ゆえに

色々な事を調べ 暗記する程読む日々が1か月程続き

やっと..何となーーーく解って来たので(笑)

さっそくカーボカウンティング・自己人体実験を開始しました。

Dr.には内緒で..(爆)

まず計算をして

ワタシが
Q(超速効型)1単位で 消費できるカーボの量

Q1単位で 何mg/dl 血糖値が下がるか(スライディングスケール)

を計算し 実験をしました。

ここで カーボカウントに興味がある方に お伝えしておきたいのは

計算して出た数値はあくまでも 基本数値と気楽に考える事でしょうか。

計算をして 実験してみて 計算通りの数値がピッタリ!!あてはまったとしたら

それはラッキー

ワタシが 自己人体実験をしてきた結論は

数値が絶対的に正しいとは限らないと言う事です。

あくまでも計算して出た数値

基準として考えて

実験結果を記録していき 自分の数値を明確に出来たら

とても便利に活用出来るアイテムと私は感じています


*----------------------------------------*

ワタシがカーボカウントの実験を始めたワケ

1型を発症して 教育入院終了後 3か月程仕事復帰を見送り

自分の病気を理解する為に で 1型の事を調べながら療養していました。

1型の事を調べると 必ず目にするのがカーボカウンティング(カーボカウント)と言う言葉...。

興味はあるけど 読んでるだけでも 難かしそうなのと

元々ズボラ(面倒くさがり)なワタシは

自分で作る料理の炭水化物量を計る...

そう考えただけで面倒!無理!!となってしまいました。(苦笑)

凄く興味があるのに 面倒くさそうで スルーしていました。

教育入院後は 何を食べるのも怖くて

もちろん 甘い物なんて怖くて 口にも出来ませんでした

インシュリンを何単位打てばいいかも解らないので 外食もしませんでしたし

教育入院後の何か月間は 食品交換表とニラメッコ

食品を カツカツキッチリと分量を量り

ダンナチャン用のゴハンとは別に 自分のゴハンを作る...

そんな毎日に

とうとう嫌気とストレスがMAXになり...

限界で ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

食事とインシュリン打ち拒否をして

泣きわめき和室に4時間引きこもり(笑)

ダンナチャンを散々困らせました。

近所中に聞こえる程の大泣きをして 疲れきって 泣きやんで

ショボ━━(´・ω・`)━━ン・・・ っとして 落ち込んでいたら

心配で心配でオロオロ・・ウロウロと

和室の前を行ったり来たりしていたダンナチャンが

|゚Д゚)))コソーリ 入って来て そして ワタシの頭をなでて言いました。

>変わってやれなくて..ごめんな...

その言葉は きっと 彼の「心からの言葉」だったでしょう。

それしか言えない程に 私が病気になってから 彼も

沢山沢山 苦しみ 考え 悩み 泣き 戸惑い・・・

その 心を絞り出す様な一言に 私は 自分の弱さが悔しく ハズかしくなりました。

そう...

どんだけ泣こうが わめこうが誰も変わってくれない。

それから ワタシは 考え方を改めました。

治らないモンに振り回されてもしかたない。

膵臓を移植する「金」もない(笑)

移植出来たって 月に何十万も維持の薬代は払えない。・゚・(ノД`)・゚・。

治らないなら 上手に付き合うしかない。

嫌になる時も 腹が立つときも これからもあるだろうけど

自分の弱さに負けない精神力を

試されてる一生を与えられたんだと思っていこう。

そして もっと 気楽に考えよう。

気楽に 上手に付き合う方法を考えよう。

アタシが笑って生活していく事が

見守ってくれている皆への恩返しにもなるのだから。



それから まず ある程度気を使った*普通の食事*に切り替えたと同時に

カーボカウント・スライディングスケール

の自己人体実験を開始しました。

私の手抜き実験方法

実験開始にあたり このズボラなワタシの 第一難関が

自分でカーボ測るの面倒くさい!でした。(爆)

どうしようもないですね。この面倒くさがり性格(笑)

そこで どうにか 実験出来る方法を 色々考えて考えて..

あった..いいのがあるぢゃん♪っと ( ̄ー ̄)ニヤリ

それは

コンビニ商品

炭水化物表示のあるお菓子での実験した。

特に コンビニが販売している

お弁当や おにぎり サラダ パスタなどなどの商品は

今や 栄養成分表示が書いてあるではないですか

ご丁寧に炭水化物○○gなんてね。

仕事の日のお昼ゴハンで

コンビニのお弁当とか食べるんだもん

せっかくですから これを使わない手はない!!

それから炭水化物表記のある食品での

カーボカウント自己人体実験を開始しました。

この方法で 紆余曲折はしたものの

今では 自分の数値が把握出来ました

こんな方法もありますから

あまり面倒に考えないでも大丈夫ですよ♪

こんなズボラなワタシでも 数値を把握できるんですから(笑)


1型さん 2型さん

個人の病態によっても 計算とズレが生じるかもしれませんが

この病気と上手にお付き合いする為の 便利なアイテムとして

自分が打っているインシュリンで 自分の身体が反応する数値を知るのも

楽しい事だと考えて ぜひチャレンジなさってはいかがでしょうか?

実験の際には 担当Dr.と相談する事をおすすめします。

次は 時間がある時に

計算方法や ワタシの実験結果の報告を載せたいと思っています♪

気長にお待ちいただければ幸いです♪
----------------------------
ポチッ♪と
して頂けたら嬉しいな♪
(ノω`*)ノ"フフフッ..
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
----------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : IDDM - ジャンル : 心と身体

タグ : IDDM 1型糖尿病 カーボカウンティング

EDIT  |  00:55 |  カーボカウンティング  | トラックバック(0)  | コメント(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |